ブログ運営

サイトSSL化のメリットと方法は?SEO効果アップのために

今回のテーマは「サイトのSSL化」です。

サイトのSSL化は通信の暗号化を意味し、サイトのセキュリティを高めることができます。

またこれがSEO対策にもなります。

Googleもはっきりと検索順位に影響するとしているほどなので、絶対に済ましてしまいましょう!

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : HTTPS をランキング シグナルに使用します

サイトのSSL化とは


サイトのSSL化とは

  • サイトのセキュリティを高めること

サイトのSSL化は、通信を暗号化することでサイトのセキュリティを高めることです。

SSL化が完了するとアドレスバーに鍵マークが付いて、URLも「https://〜」と「s」がついたものに変更になります。

メリット

  • SEO対策に効果がある
  • メールフォームなどからの個人情報が盗み見られない
  • 「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されない

などです。

検索結果として安全なサイトを検索上位にするというのも理解できますよね。

ブログ運営をしていく上で上位表示に確かに影響するとなればSSL化は無視できません。

むしろしていないと「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されてしまうことまであります。

そんな表示見たら心配して元のページに戻ってしまいますよね。

ユーザーの方に安心してサイトに訪問してもらうためにも、SSL化は済ませてしまいましょう!

 

以下で具体的な方法を紹介しますが、今回はエックスサーバーでの設定方法をお伝えします。

エックスサーバーであれば無料でSSL化ができるんです。

サイトのSSL化の手順


今回はエックスサーバーでのSSL化の方法を紹介します。

エックスサーバーの申込みはこちらから

作業はエックスサーバーでの設定と、WordPressでの設定との2つがあります。

エックスサーバーでのSSL化の設定

エックスサーバーでのSSL化の設定手順
  • サーバーパネルへログイン


    エックスサーバーへはサーバーパネルからログインします。

  • 「SSL設定」をクリック→ドメインを選択

    画面右上の「SSL設定」から移動し、ドメインの選択をします。

  • 「独自SSL追加設定」→「確認画面へ進む」


    独自SSL設定追加のタブをクリックし、対象ドメインを確認したら確認画面へ進みます。

  • 「追加する」クリック


    「追加する」をクリックでエックスサーバー側の設定は終了です。

反映には1時間程かかりますが、これだけです。

WordPressでのSSL化の設定

WordPressでのSSL化の設定手順
  • ダッシュボードで「設定」→「一般設定」


    WordPressのダッシュボードから「設定」→「一般」へと進みます。

  • 「WordPressアドレス(URL)」と「サイトのアドレス(URL)」をhttps://〜に変更


    2箇所のURLを、はじめは「http://〜」となっているはずなので、「s」を加えます。

  • 「変更を保存」


    下にスクロールして「変更を保存」します。

    するとWordPressののログイン画面に移動しますが、これまでと同じパスワードでログインできます。

GoogleクロームやFireFoxのブラウザを使っている場合には、サイトのアドレスバーに鍵マークがあれば完了です。


↑Googleクロームの場合

もし無い場合には、サイト内に「http://〜」のコンテンツがあることなどが考えられます。

すでに運用しているサイトを途中からSSL化する場合などは、貼り付けた画像のURLが「http://〜」となっている場合があるので確認してみてください。

大量の画像などがある場合には、WordPressプラグインの「Search Regex」などを使うと一括で変換できるのでおすすめです。

まとめ

サイトのSSL化のまとめ

  1. サイトのセキュリティを高めること
  2. SEO対策にもなる
  3. エックスサーバーなら無料で設定できる

サイトのSSL化は一度設定してしまえばそれで終わりです。

また、これからサイトを作られる場合などは初期設定の一つと言えるものです。

設定も簡単なので早い段階に済ませてしまいましょう。

 

以上が『サイトSSL化のメリットと方法は?SEO効果アップのために』でした。

この記事が今後のブログ運営や副業で少しでもお役に立つことができれば幸いです。