ブログ運営

Googleアドセンスで収益化とは?初心者におすすめな理由を解説

ブログで稼ぐ一番シンプルな方法がGoogleアドセンスです

アクセスを集めることだけに集中できるため初心者でも取り組みやすいのが魅力です。

わたしもGoogleアドセンスから始めて3ヶ月で月10万円の収益を上げました。

Googleアドセンスが初心者におすすめな理由!

Googleアドセンスは自分のブログに貼れる広告の一種で、クリックされた回数に応じて報酬が得られます

アクセスを多く集めることができれば広告をクリックしてもらえる回数も増えるため、アクセスを集めることが最も重要になります。

Googleアドセンスはとてもシンプルなのでブログ収益化の初心者の方にとって最もおすすめです。

Googleアドセンスがおすすめな理由

  • 広告(商品)に合わせて記事を書く必要がない→書ける記事を書けばいい
  • 広告が自動的に最適化される→必要な広告がユーザーに届く=収益UP
  • アクセスを集めることに集中すればいい

Googleアドセンスでの収益化はとにかくアクセスを集めることだと言えます。

以下でもう少し詳しく解説していきます。

お金が稼げる仕組み

Googleアドセンスは広告です。

その広告を自分のサイトに設置することで広告料が発生します。

テレビCMなどと同じですね。

ただこの広告料は広告をクリックされた回数に応じて支払われることになります。

つまり、いくら掲載してもクリックがなければ収益は発生しません。(正確にはインプレッション収益というものがあり、見てもらっただけでも収益は発生します。もちろん収益は少なく100PVで1円ほどです)

どれくらい稼げる?

どれくらい稼げるかは

  • ページビュー(PV)
  • クリック率
  • クリック単価

などにより変化していきます。

中でもPV(ページビュー・ページを見てもらった回数)の影響が大きく、だいたい3PVで1円です。

もし月10万円を稼ぎたいと思ったら月間30万PVされるサイトを作り上げていくことが目標になります。

ちなみにクリック単価は約30円、クリック率は0.4%が目安になっています。

もちろん単価やクリック率を上げることができれば収益も大きく増えていくでしょう。

アフィリエイトとの違い

ブログで収益を上げるといえばアフィリエイトもあります。

アドセンスもアフィリエイトも広告であることには違いがありませんが、アフィリエイトは商品を売ることが目的となるためより戦略を練る必要が出てきます。

アドセンスとアフィリエイトとの比較

Googleアドセンス アフィリエイト
報酬発生 広告クリック 商品購入
単価 30〜40円 商品による
高いと1万円以上のものも
承認率
(発生報酬が支払われる確率)
ほぼ100% 商品による
書く記事の内容 自由
(禁止コンテンツあり)
商品に誘導する記事

単価はアフィリエイトの方が高くなることが通常です。

ですが、商品の購入へ誘導するなど、商品を中心にした記事作成となるため書きたい記事とは違ってくるということもあります。

Googleアドセンスの利点

アドセンスの収益単価はアフィリエイトと比べると小さくなりますが以下の利点があります。

Googleアドセンスの利点

  1. 好きな記事が書ける(一部アドセンスが禁止しているジャンルがあります)
  2. 商品選びをしなくていい(ユーザーに最適化してくれる)

記事と広告の内容を合わせる必要がないため、基本的にどのジャンルの記事も書けます(禁止されているジャンルもあります。下記)。

広告に合わせて無理やり記事を書く必要がないことは、初心者の内など記事を書きなれないうちはとても助かります。

またGoogleアドセンスでは読者の興味に合わせた広告が自動的に表示されるため、必要な情報が必要な人に届くことになりクリックの期待も高まります。

つまり、アドセンスで収益をあげようと思ったらアクセスを集めることだけに集中できることが利点となります。

アクセスを集めることはアドセンスブログに限らずネットビジネスでは絶対に必要なスキルです。

これからブログを収益化されようとしている初心者の方にっとっては、まずはアドセンスブログでアクセスを集める感覚やスキルを磨くことが今後のネットビジネス成功つながってきます。

注意点もあり、このようにGoogleアドセンスは有用な広告ですが、「禁止コンテンツ」と呼ばれ、広告を載せられないジャンルの記事があります。

違反するとアドセンス剥奪ということになり、二度とアドセンスを使うことができなくなる可能性があります。

禁止コンテンツ

  • 違法コンテンツ
  • 知的財産権の侵害
  • アダルトコンテンツ
  • タバコ・アルコールに関するコンテツ
  • 薬物・ドラッグに関するコンテンツ
  • 個人・団体などを中傷するコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • などなど…

禁止コンテンツが多いようにも見えますが、「誰が見ても問題がないコンテンツ」をつくることがポイントです。とはいえ普通にブログ運営をしていく中では窮屈になることはまず無いでしょう。

アクセスを集めようとして刺激的なコンテンツに手を出したくなるときもありますが、たとえグレーゾーンだったとしてもリスクは徹底的に避けましょう。

長期的に考えればアドセンスを失うことは大きな損害です。

アドセンスには申請が必要

ブログを運営し収益化するためにはまずはアドセンスが最適です

しかし、アドセンスは始めようと思ってすぐにその日から広告を貼ることは出来ません。

まずは審査に合格する必要があります

審査の基準や期間

Googleアドセンスの審査の基準や期間

  • Googleアドセンスのポリシーに合致している
  • 必要記事数:10記事〜
  • 各記事の文字数:1000文字〜
  • 質の高い記事になっている(パクリではないなど)

はっきりしたものは好評されていませんが審査基準などは以上のように言われています。

時期などによって審査期間が長くなる(10日〜2週間など)こともあるようですが、上の基準を満たすサイトであればまず合格できます。

もし「どうしても合格できない」場合にはご自身のサイトがGoogleアドセンスのポリシーに合致しているか十分な質の記事を書くことが出来ているか(パクリでなく10程度の記事があり文字数も1000字以上など)を確認してみて下さい。

アドセンスの審査は以前(2016年以前)と比べて厳しくなったという話はよく聞きますが、実際はそこまで厳しいとは言えないでしょう。

少なくともわたしの周りでは「どうしても合格できない」という状況は起きていません。

不合格だった場合は純粋にブログの成長段階がまだだったと考え、もう一度トライしてみて下さい。

アドセンス以外のクリック報酬型広告

Googleアドセンスのようにクリックに応じて報酬が支払わられる広告をクリック報酬型広告といいます。

ここまではクリック報酬型C広告=Googleアドセンスのように紹介してきましたが、クリック報酬型広告は他にもあります

クリック報酬型広告の例

忍者AdMax 審査:ゆるい
様々なコンテンツのサイトで使える
表示報酬型の広告もある
報酬はGoogleアドセンスの半分ほど
i-mobile 審査:普通
様々なコンテンツのサイトで使える
報酬はGoogleアドセンスの半分ほど
nend 審査:ゆるい
スマートフォン専用
様々なコンテンツのサイトで使える
報酬はGoogleアドセンスの半分ほど

特徴を比較しましたが、1クリックあたりの報酬はGoogleアドセンスが一番高いです。

たしかに禁止されているジャンルもありますが、報酬を考えるとクリック報酬型広告を貼るならGoogleアドセンス一択です。

まとめ

Googleアドセンスまとめ

  • ブログを収益化するならGoogleアドセンスが一番シンプルで簡単
  • アクセスを集めることだけ集中できる
  • ユーザーに最適化された広告が表示される
  • 好きな記事をかける。ただし禁止コンテンツもある
  • 使うためには審査が必要
  • 他にもクリック報酬型広告はあるが実質的にはGoogleアドセンス一択

ブログの収益化にはGoogleアドセンスが一番簡単であること、そしてアクセスを集めることが重要だとお伝えしてきました。

次の段階はどうやってアクセスを集めるかということです。

アドセンスの仕組みが分かって、アクセスが集まればあとは自動的にあなたのブログが収益を上げてくれるようになります。

この記事が今後のブログ運営や副業で少しでもお役に立つことができれば幸いです。